「ほっ」と。キャンペーン

検査結果

昨日、切除した細胞腫の病理検査の結果が出たので病院へ行って来ました。
Pippiの傷の消毒もしてもらいに・・

なんてことないっさって顔してたけど、、
本当は前の夜からずっと不安で眠れなかった。



結果は、、
グレードⅡ・・・でした。
特定の部位に明確にしこりができてるから、、グレードⅠなのかな。。と期待していたけど・・
「Ⅱ」か・・・
ショックだったけど・・治療法としてはこれといってないらしく薬もいらないとのこと。
悪性と良性の中間の性質のもので分化中間型らしい。しかし悪性にはかわりないので再発の可能性もあるとのこと。注意は必要!
余裕ももって切除してたので大丈夫!と先生は言ってくれました。
傷の大きさを見ればわかる。。ほんと先生には感謝!!!
それから耳のしこりは悪性ではなく良性だった!!!!良かったーーーー!!!!


今後はPippiの体の様子と向き合って家族みんなでサポートしてかなきゃな。。
守り続けるからね。。。



職場で子どもたちに
「明日検査の結果を聞きに行くだに~~」と話したら
「もし悪かったら死んじゃう?」と。
子どもってストレートなんだな。
でもそのストレートさに救われるっていうか・・うまく言えないけど。。
「死んじゃわんけど、、薬とか飲まんといかんかもね」
「イチゴ味にしてもらいんよ!」(笑)
そしてMちゃんがこんな絵を描いてくれました。
d0142182_11403668.jpg

ちゃんと画伯のサイン入り(笑)
ありがとねーーーー!!!!






さてさて、、世間はGWですねぇ~~~
我が家では私とパパさんはカレンダー通り。
次男は明日から沖縄旅行!
長男は仕事です。

カレンダー通りといってもパパさんは今日は職場に行きました。
普段やりきれない仕事を片づけてくるのだと。はぁーー大変だな。
今日は朝からいつもと変わらぬ時間が流れてます。

掃除をし始めるとメイがおもちゃをここぞとばかりに出してきて遊ぶんです。
邪魔してるのか?
d0142182_11455471.jpg

「今日はこれくらいにしといてやるか・・・」






d0142182_11474044.jpg

「おもちゃ出しましたが何か?」
これで片づけができるとイイ子なのにねーーー!!







Pippiは隣の和室のいつもの定位置で外を眺めてます♪道路を通る人やわんこを眺めるのが好きなのよねーーーー!
d0142182_11494381.jpg






そして掃除が終わると、、、いつの間にか。。。。
こんな感じ。。めっちゃガン見!!!(笑)
d0142182_1152963.jpg

はい、はい、、わかっております。
おやつですね。。



とこんな感じの連休一日目の我が家です♪



皆さんも連休楽しんで下さいねぇ~~~!!
[PR]
by pippimay | 2011-04-29 11:53 | Comments(4)

無事に終わった!

21日(木)に無事Pippiの手術が終わりました。



その前に16(土)・17日(日)に馬場さんの大阪城野外音楽堂で行われた15周年記念コンサートの事も書きたいのだけど、、、
あまりの感動でどう表現したらいいのか・・・どの言葉でもっても表せない。。。
また落ち着いたら書こうかなと思います。。


ただ言えることは、、、本当に馬場さんの音楽が、、馬場さんそのものがどれだけ私にとって支えになってるかということがわかったというか・・・
手術に挑むにあたっても心の持ちようが違うの。。
本当に日々寄り添い励ましてくれてると思う。

そして馬場さんが繋げてくれた縁も私にとっての生涯の宝物だって言える!!
胸張って言える!!!!!!

手術の日、、ツイッターで励ましてくれたりメールでガンバレーーって!!!
嬉しくて嬉しくてどれを読んでも泣いてた私。。

心から、、ありがとーーーーーーーー!!!!!!!!!!







手術当日、、

9時前には病院へ行かなくてはいけないので、、前の夜は眠れなかった。。
すやすや寝息立ててるPippiを何度も何度も撫でた。。
今は安らかに眠ってるけど、、メスをいれるんだよな。。
大丈夫かな。。いろいろと悪い方向に考えてしまって。。
早く夜が終わればいいのに・・・と。


朝は散歩にゆっくり行った。
オシッコ、ウンチを済ませて、、、、水は飲んでもいいが絶食。。。

9時より15分前に病院到着!
診察台で体重測定して、、
問診して、、、
そこでお別れ、、、

緊急の場合の連絡先を記入して、、これがまたイヤな感じなのよね。
「もし何かあったら連絡しますね。。」

めっちゃ不安そうなPippiの顔。
看護師さんに抱かれて行くPippiがずっとずっと私のことを見てて、、
それみたら、、涙、涙、、「頑張るんだよ」



家に帰宅してもどうしたらいいか。。
洗濯に掃除に家の中でうろうろしてたら、、、、
携帯に電話が!!病院から!!!?


手術前に血液検査をしたら腎臓の値が悪くて、、、
滅多にはないことだが腎不全になる可能性もあるので、、
それを承知の上で手術を行ってもいいかどうかの確認の電話!
手術前には正常値に戻っていたのに・・どうして??
でも手術してもらうしかないし。。
先生に託すしかない!
「わかりました!手術はお願いします!!」
「最善を尽くすから心配いらないからね」と先生。
もう、、祈るしかない。


夕方にはお迎えに行けるとのことで、、、
私は仕事に、、、、、


こういう時は仕事してる方がいいかもね。。
仕事中はやっぱり忘れるっていうのではないけど、、
時間が経つのが早く感じるもんね。。

午後6時に仕事場を後にして家に着いたら次男も早く帰宅してくれてて、、
一緒に迎えに行った。
診察室で先生から手術についての話を聞いて、、、
レントゲンも撮ったが内臓は大丈夫とのこと!一安心。
耳の付け根の小さいものも取ってくれた。。
そしてそのものを病理検査に出すかどうか。。お金もかかることだしどうするかと。。
次男と相談の上、、やはり切除したものはすべて検査に出してもらうことに。
病理検査に出して、、グレードの判定をしてもらう。
グレードⅠでありますように・・・
特定部位に明確なしこりのような固まりができる(分化型)タイプは、悪性度が低いらしい。
Pippiの場合は特定部位にできてるし恐らくこれではないのかなぁ~と思っているのだが・・
グレードの判定によってこれからの治療方針が決まるのかな。。


次男と二人でPippiを迎えに行く車の中で、、、
次男がポツリと言った。。
「オレPippiがいなくなったらどうなるかわからん。。ヤバいかも。。考えたくない。。」
私ももちろんそう思ってるけど口に出すと張りつめてたものが切れちゃいそうで言わなかったけど
うん!うん!当たり前だよ。多分家族みんな同じ気持ちだと思う。

でもいつかは別れなければいけないのだし、、
それはしょうがないこと。
癌だとわかってから絶対に治るんだいう気持ちともしダメならしょうがないと思いこもうとする気持ちが毎日日替わりのようになってる。
誰かさんが言ってたな。。「心が傷つかないように先回りをして先手を打ってたようなところがあったりしてしらないうちにいろいろなことに憶病になってた」
うまくいえないけど、、こういう気持ちなのかなと思う。


でもね、、診察室に連れてこられたPippiを見てね、、
絶対に治るんだ!治してやるんだ!って!
決意みたいな。。
私と次男を見て尻尾を小さくフリながら次男の手をぺろぺろ舐めてる。
治るんだって信じなくちゃね!
上手くいく!きっといく!


会計を待ってる時に受付に一人のおじいさんに連れられたMixのわんこが来た。
顔から血を流して胸も血が付いてる!待合の人がみんな大丈夫とささやいてる。
でもおじいさんは平然と受付して問診に答えてる。
「2年前に癌だと言われて何も治療をしていなかったけど顔に出来たしこりからさっき血があまりに出てきたので驚いて連れて来ました。」と。
癌、、、、、、わんこをよく見ると目の下に大きなこぶみたいなのがぶら下がっててそれが破裂した感じ。見るも痛々しい。。。
待ち時間が長くなりそうだとと告げられて散歩に行ってからまた来ると病院を出て行った。。。
そうなのか、、、癌と告げられ、、何も治療しなくても2年そのままでいられる、生きている。
安心したなんていうと不謹慎かな。。
でも正直な所。



家に着くと、、Pippiは家の中をうろうろ、、、
横になったかと思うとすぐに起きてまたうろうろ、、、
階段なんて登れるの!!!
階段をゆっくり登り、、寝室へ、、
やはりいつもの寝ている私のお布団がいいのか。。。
次男がずっとPippiに付いていてくれたのだけど、、、
「かあさーーん!Pippiが暴れとるにーーー!!!」
急いで行ってみると、、、
体を振りながら足もバタバタさせてる。。
二人でPippiを押さえて優しく撫でて、、、
少し落ち着いたら、、、
今度はオシッコを布団の上に!!!!
しかも垂れ流し状態。。。
歩きながらオシッコしてる。。。。
Pippiの体どうなっちゃった。。
焦ったけどこういう時はさすが次男、、慌てず対応してくれた。
オシッコの片づけも汚してしまった場所も全部キレイにしてくれて、、
お布団がダメになってしまったけど、、しょうがないね。。。
きっと傷が痛かったのかな。。。

しばらくして痛み止めと吐き気止めの薬が効いてきたのか、、
除所に落ち着き、、、
長男とパパさんが帰宅したころには、、、
静かに横になることができました。




これは家についてすぐ、、落ち着かない感じの時、、顔が不安気・・・・
d0142182_10472842.jpg

d0142182_10493390.jpg





かなり落ち着いて長男が撫でてたら、、コックリ、コックリ、、、
d0142182_10511577.jpg





そして昨夜は結局ソファーでこんな感じで、、、
私がソファーの下で寄り添う感じで寝ました。
夜中に一回オシッコに行きたがり連れていきましたが後はぐっすり寝てくれて、、ほんと良かった!
d0142182_10532129.jpg






今朝はゆっくり家の周りを歩いてオシッコして、、、
今はまたソファーで眠ってます。
ごはんもモリモリ食べました!
午前中は私がいるし、、
午後からは次男が帰宅するし、、、


Pippiほんとお疲れ様、、頑張ったね!






あのーーーー私のこと忘れてませんか・・・・・?
d0142182_1058121.jpg

メイはPippiが家に戻ってから後をついていくのだけど、、
いつもと違うって思ったのかな?すぐには近づかないの。。
しばらくして、、お口を舐めて、、傷のところの匂いをめっちゃ嗅いでたな。。

メイの存在がどれだけ私たちを救ってくれてるか。。
あたたにも、、、ありがとーーーーーーーー!!!!!



ご心配おかけした皆さま、励ましのお言葉ほ~~んと嬉しかったしどれだけ心強かったか!!
ありがとうございました<(_ _)>
[PR]
by pippimay | 2011-04-22 11:01 | Comments(12)

2個目が!!??

昨日はPippiの手術前の検査。

午前中に病院へ行って来ました。
結果は手術には耐えられるだけの体のようで一安心しました。

病理検査に出していた結果は、、、、やはり思っていた通り「悪性」とのこと。
わかってはいたけどやはりショック。

この日は仕事は休みを取っていたので、、
午後からは自分の体の治療へ・・
もうね、、肩の痛みが止まらない・・・
鍼灸接骨院へ。

体を揉みほぐしてもらい鍼をやってもらったら、、
楽になったぁ~~~
週末に向けて体調整えないとね!



帰宅したら、、次男が大学から帰っていて・・
「お母さん!Pippiの耳の付け根に小さいイボがあるに!!!」
「うそっーーーーー!!!」

確認してみたら2㎜くらいだけど確かにある!!
少し赤味を帯びたものはイヤーーな感じのもの。
すぐに病院へ電話したらもう一度来てください!とのこと。

急いで病院へいき診察。。。
小さすぎて針生検はできないのでこれが肥満細胞腫かどうかはわからないが。。。
見た感じではやはりそうかもしれない。。

20日の手術の時に切除した方がいいとのこと。
先生が、、「こんな小さなものをよく息子さん、発見したねーー!!凄い!!」
うん!うん!Pippiへの愛情のなにものでもない!!






はぁ~~~かなりショック。。。
バイトに向かった次男からも心配でメールがきてる。
とりあえず手術で取ってもらうことにしたことを報告。
見つけてくれたことに感謝だな。。
手術したあとに発見してまた手術なんてことになったらPippiの体力ももたないだろうし・・




しかし、、落ちる。。。
気分は真っ暗。。。



でもね!いい方向に考えなくてはね!!!
見つけられたんだから!!



夜、、家族は揃い、、
話ながら涙出たけど、、結局はみんなPippiがかけがえのない大切な家族だっていうこと!!
これからのPippiとの生活を大事にしていこうと確認し合った。

その後はPippiにみんなで触りまくり!!!
もしかしたら体のどこかにまだできてるかもしれないと。。
4人で触りまくってもなかったのだからもうないよね。。。




d0142182_9411455.jpg

これが耳の付け根にできたもの。。
小さくてわからないかも。



d0142182_9422710.jpg

手術をする箇所を先生がペンで描いて説明してくれました。
このくらい取るそうです。



d0142182_9435896.jpg

「母さん、そんな顔しないでよ。。わたしがんばるからねぇ~」
なんて言ってはいないよね。。。


d0142182_9451659.jpg

「ねえしゃん、あたしがついてるから大丈夫よーー」
なんて言ってないか~~



サクラももうそろそろ終わりですねーー
若葉がいっぱい出てました。
新しい季節がもうそこまで。。。。。






週末は大阪地方は天気も良さそう!!!
胸にあるいろいろな思いをあの場所で飛ばしてこよう!!!!
思いっきり楽しまなくちゃねぇ~~~

peace!!!!!
[PR]
by pippimay | 2011-04-15 09:47 | Comments(8)

春らんまんですね~~~♪♪
d0142182_19463141.jpg


わんたちも桜の下で笑顔が光ってます♪
d0142182_1950791.jpg



散歩の後はメイがひと遊び♪
d0142182_19522827.jpg
d0142182_19531498.jpg
d0142182_19535138.jpg
d0142182_19552094.jpg
d0142182_19562463.jpg
d0142182_19572043.jpg
d0142182_1958195.jpg

メイが遊んでいる様子を見守るPippi
「また派手にやってるわ・・」みたな。。(笑)
気が向くと一緒に遊ぶんですよ♪

遊んだ後は、、、もちろん
d0142182_20213670.jpg

「おやつないですか?」あなたは遊んでないのに催促するのね。。笑


つられてメイも・・
d0142182_2023061.jpg

いつものごとくPippiは私を見てメイはおやつを見てる、、



「オテ!」
d0142182_20252572.jpg





「オカワリ!」
d0142182_2026398.jpg





「ヨシ!」
d0142182_20272396.jpg











Pippiがつけているお守りですが、、
友達が市ヶ谷にある亀岡八幡宮でお守りをもらってきてくれました。
ここはペットと共にお参りできる神社で有名らしいのです。
そして「和んこ堂」というお店でPippiとメイの絵を描いてもらいこんな素敵な額に入れてくれたんです!
病気の相手に犬の贈りものをすると早く家に帰れる意味があるとご主人が教えてくれたらしいのです。
この荷物が届いて開けた時、、もう私は号泣。。。
嬉しくて、、感謝、、感謝、、
本当にありがとね!
気持ちが凄ーーく楽になったよ。
気持ちの置きどころがない感じだったけど、、
きっとうまくいくような気がしてきたよ!
d0142182_1959291.jpg





そして、、今日はやっと仕事が一段落ついたパパさんと蒲郡市西浦にある「がん封じ寺 無量寺」にお参りに行って来ました。
ここでもお守りを頂いて来ました。
d0142182_2035834.jpg






いつもと変わらぬように庭には花が咲いて
d0142182_20354512.jpg



Pippiが日向ぼっこして
d0142182_20363793.jpg



メイが近所の猫ちゃんを探して
d0142182_2037225.jpg




いつもと変わらぬ日常がいつまでもいつまでも続きますように・・・
[PR]
by pippimay | 2011-04-10 20:38 | Comments(4)

肥満細胞腫

Pippiの右わき腹にできた「デキもの」肥満細胞腫という悪性の腫瘍でした。


11日月曜日ずっと仕事でお休みがとれなくてやっととれた休み。
次男がPippiのわき腹にあるオデキみたなものに気付きこれは絶対に病院に行った方がいい!と。
午前中2匹のシャンプーを終え連れて行った。


なんでもない、、、
いや何か悪いもの、、
半分半分の思いで診察、、、


でも結果は悪いものだった。。。。。
まさか!!、、、やっぱり、、、
頭は真っ白で体からは血の気が引いて、、
しっかりと先生の話が聞けなかった。

とにかく手術の日を決め帰宅。


家に帰ってきても、、まだ何が何だかわからなくて、、
涙がどっと溢れてきた。



それから何とかネットで「肥満細胞腫」ってヤツをいろいろ調べてみた。
調べれば調べるほど泣きたくなる。


切除すれば完治すると思っていたけど、、
そうでもないらしい。。
完治率は40%なんて数字が目に飛び込んで、、



次男にメールしたらすぐに帰ってきてくれて、、
話てるうちに泣けてきて二人で泣いた。。


午後からメイの狂犬病の予防接種をしてもらいながらもう一度Pippiのことを詳しく聞こうと病院へ。



「デキもの」から採取した細胞を顕微鏡でみた画像を見せてくれた。
先生が持ってきてくれた分厚い本に記載された「肥満細胞腫」の画像と同じだ。。。
やっぱり間違いはない。。
腹が据わった!
間違いはないが一応病理検査に出してもらうことにして。。。
とりあえずは手術でなるべく広範囲に取ってもらうしかない。
「デキもの」を切除すればいいのではなく広範囲に切除しなければならないらしい。
「大きな手術になるけどいい?」と先生。。


次男はそんな手術してPippiは大丈夫としきりに心配しているがとにかく取らなければ、、




まずは手術してからそれからだ。。


頑張らなくちゃ!!



病院へ行く前の散歩での写真
d0142182_10225224.jpg
d0142182_10233817.jpg

腎臓の療法食がカロリーが高いために少し太ってしまいダイエットしなければと思っていたけど
手術のために体力つけなければいけないし、、
手作りで美味しいものを作ってあげるからね!

療法食のおかげか腎臓は正常の値に戻った。。
手術に臨むあたりこれは本当に良かった。。。少し安心・・




記録のためにわき腹の「デキもの」
d0142182_1026173.jpg

[PR]
by pippimay | 2011-04-06 10:26 | Comments(12)

4月の空に。。

d0142182_7454116.jpg


こちらでもそろそろ桜の蕾がほころび始めてます。
桜色で街が色づく日もそろそろかなぁ~~

写真の桜は職場の駐車場がある公園の桜、、、
早咲きなんです。3月の終わり頃にはもうかなり咲いてました♪
空のブルーにサクラ色がキレイ!

さて、、、、

職場の児童クラブでも3月の終わりは切ない別れがありました。


今年は3年の女子数名がクラブを卒業。
2年1名、1年1名が引っ越しで新学期からは新しい学校へ。。。

この仕事してると毎年やってくる卒業だけど、、
引っ越してしまいお別れするのはあまり経験がなかったな。

昨年は主任指導員が卒業に際してのメッセージや記念品の手配など中心になってやってくれたんですが今年は私が担当。


贈る言葉として子どもたちにメッセージを書いてもらうのだけどこれが大変。
色紙に一気に書けば早く終わるのだけど、、
3年の子やお別れする子たちに内緒でやらなくちゃいけないしなかなか全員がそろう日が少ない。
そこで、、、
色画用紙で桜の形の小さなメッセージカードを作りそれを一人一人に配り書いてもらい、、
最終的に大きな紙にそれをレイアウトしていく、、そんなメッセージにしました。
帰宅時間の時間差を利用して書いてもらったりこっそり呼び出して他の部屋で書いてもらったり、、

毎年感動するのは、、
子どもたちに、、、、
「これはね、サプライズで内緒だからね、、絶対に秘密だよ。」
とあらかじめ皆を集めて、、ちょっと重大な事のように話すと、、、


子どもたちはその約束をかたーーくかたーーく守ってくれる。
だからそのメッセージをもらった子は本当に驚くんだよね。
「えーーーー!!いつ書いたの!!!?」って。


引っ越しをしてしまう1年女子のKちゃん。
Kちゃんととても仲良しのFちゃんはそのカードにメッセージをなかなか書かなかった。
もともとみんなで何かをやろうと言う事にはあまり積極的ではなかったFちゃん。
「Fちゃん、一番仲良しのKちゃんとお別れするから何でもいいから一言書こうよ~~」
「イヤだ!!!だって書くことないもん!寂しくなんかないもん!」
強がりだってことはわかっていたけど、、
ひとことでいいから書いてほしかった。。。

でも、、最後の最後、、、みんなの言葉をレイアウトしようと思っていた時に、、
Fちゃんが「やっぱり書くわ。。。」

その日はKちゃんがお休みの日だったのでいつも遊んでいるお部屋の隅っこで時間をかけて書いてました。


何度も何度も消しては書きなおした後があり、、
そのメッセージは、、
「Kちゃん、まいにちいっぱいあそんでくれてありがとう! 
 あたらしい学校へいってもげんきでね。
 FはKちゃんが大好きだよ!わすれないでね」

うん!うん!よーく頑張った!!
気持ち伝わるよ~きっと!


大きな色画用紙には桜のお花の可愛いあたたかいメッセージでいっぱいになり
素敵なカードが出来上がり!!!!!

もらった子たちは本当に喜んでくれました。


3年の子たちはこれから学校から帰宅したら自分で鍵をあけて誰もいないお家でお留守番の日々、、
友達と遊んだり宿題したりお手伝いしたりと、、
こうしてクラブを巣立って成長していくんだなぁ~~~

31日の帰りはそれぞれの子を指導員がぎゅーーー!!と抱きしめてお別れしました。





そして迎えた4月1日、、、
もう朝8時から新1年生がやってきました。
まだ学校の入学式も終えてない保育園を卒園したばかりの本当にほやほやのひよこちゃんたちです。
少し不安なお顔も時間がたつに従って笑顔が溢れて、、
慌ただしいけどほんと可愛くて心和む時間です。

慣れてくるとこれがまた大変になってくるのだけどね。。





この日、、新しい1年生に気を取られていたら、、、
2年のGちゃん(男子)の様子が少しいつもと違う。
お父さんが自衛隊に勤務してで被災地に行っている。
いつもと変わらず声掛けをして様子をみてきたのだけど、、
ここのところチック(目をパチパチと何度も瞬きする)が出てきた。
昨日はおやつの前にお腹が痛い、、、
お弁当の前にお腹が痛い、、、
私の耳元にこっそり言ってくる。
でも私に言った後はおやつもお弁当も完食してる。。。


お母さんにその様子を伝えたら、、、
「やっぱり、、そうですか、、、最近夜になると、、
 お父さんは地震でどこかへいっちゃったの!!?
 波に連れていかれたの!!?
 と泣きじゃくるんです。。」と。

きっとテレビで被災地の様子や津波の様子を観ながらGちゃんの胸の中は不安でいっぱいだったんだな。その不安がもういっぱいいっぱいになってしまい風船が破裂するように弾けちゃったんだ。。


お母さんは帰ったら、、「Gによーーく言い聞かせますね」。。
「お父さんは元気だよ」と。
お母さんもお腹に赤ちゃんがいてしかも働いていてなかなかGちゃんをかまってあげられなかったことを後悔してました。


明日から私たち指導員もGちゃんをもっとフォローしてあげなければな。。



こんな感じの慌ただしい年度末から新年度のスタートです。



また新たな季節がやってくる期待と不安。。。



空を見上げると青い空、、、ずっと繋がっている空、、、
会えなくなった大切な人、、、
そう、、、瞳を閉じて待ち合わせをしよう。。
場所もない、時間もないけど、、、
必ず会えるから。。。



頑張ろうね!
無理しなくてもいいから自分のペースで、、立ち止まらず一歩づづ、、
[PR]
by pippimay | 2011-04-03 10:54 | Comments(4)